070-4304-6091

ブログ

2022/09/26(月)

天気痛(気象痛)って知ってますか?

カテゴリー:頭痛

 


天気が悪くなると頭痛やめまい、関節の痛みが出る。台風が近づくと調子が悪くなる。

体調でほぼ100%天候がわかる。こんなことありませんか?

こういう天気によって痛みが出ることを「天気痛」だったり、「気象痛」といいます。

なぜこのようなことが起きるのかというと、

関節痛の場合、

気圧が低下しすると、体の外から加わる圧力が少なくなります。

すると、体が中から膨張するようになります。

高い山に登ると、高くなるほど気圧が下がるので、スナック菓子の袋が膨らむのを見たことがありませんか?

あの状態をイメージしていただくとわかりやすいですね。

関節の中でも、内から外に膨張しようとする力が強くなり、引っ張られたり、圧力で血流が悪くなるところが出てくるんです。

これが痛みの原因になります。

膨張した組織が神経を圧迫すると痺れも出てくる原因になります。

肩や肘、膝など関節が痛くなるのはこのようなことで起きるんです。

次回は天気痛で頭痛が起きるメカニズムについて解説しますね。

 

 

 

12月16日(金)まで
先着7名様限定割引 → 残り2名

ご予約は今すぐお電話で

070-4304-6091

【受付時間】【火曜・木曜】19時〜21時 【水曜】16時半〜21時 【土曜・日曜】10時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は【火曜・木曜】19時〜21時 【水曜】16時半〜21時 【土曜・日曜】10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。